運転免許証の返納!



前回のブログで今年の誕生日の話をしましたが、思えば2年前の誕生日に私は運転免許証の自主返納をしました。

ALSになり足が動かなくなってきてからも会社には車椅子で行っていました。通勤は運転を諦めきれなかったので電車ではなく自分の車で、しかもそれは車椅子の人仕様の車ではなく今まで乗っていた車のままでした。まだ多少は動きのよかった左足をブレーキに乗せたままで踏むようにし、力がほとんど入らない右足をアクセルに乗せて右手で右足の太ももを押したり持ち上げたりしてアクセルを踏むという、今考えると何ともアクロバティックで危なっかしい運転をしていました。でも2年前の誕生日に免許更新の時期になってしまったのです。さすがに車椅子では適性試験を通してもらうのは無理だと思い、ついに運転することを諦めて免許証の自主返納をする決心をしました。手続きを済ませると穴がたくさん開けられた自分の免許証と、その代わりに身分証明書となる免許証風のものが戻ってきました。半世紀持っていたこ免許証の返納は私にとっては結構大きなショックの一つでした。実は免許証を取得したのは半世紀前ですが、私の運転歴は長くて小学生の頃からだったのです。(笑)

私の父は私が小学5年生の時に亡くなりました。父は自分が短命であることを察していたのか、私が小学3年生になると車に乗せて校庭や広い場所に私を連れていき、何かあった時に家の仕事の役に立つようにと車の運転を覚えさせてくれていたのです。小学5年生の頃にはしっかり運転ができるようになっていました。運転免許証は取得できる年齢になるとすぐに、今ではそんな制度はありませんが、自動車学校に通うのではなく一発試験というもので取りました。そんないろんな想いある免許証を返納してしまい、これでもう今後一切運転ができなくなるということが現実となったのです。それは足を取られたというだけでなく、働く人間としての?男としての?車に纏わる今までの思い出?・・・何か、よくわかりませんがこれまで自分の中にあった大切な何かをもぎ取られてしまったような、何とも言えない気持ちになっていました。仕事をしている頃はどこに行くにも車でしたし、初めて自分で車を買ってからこの免許証の返納をするまで十数台の車を乗り換えていますから車が好きだったのも確かにあります。今世間では年配者の運転による事故が多くなっていて、第三者として思うことは75歳位になったらいつまでも運転することにこだわらずに免許証の返納をすればいいのに・・・でした。でも自分もこの病気になっていなかったら、身体が動いている間は自分から返納することはきっとなかったかもしれません。免許証がなくなることで行動範囲もせまくなるし、世の中の役に立つことができなくなるような気がするのです。ですから私の免許証返納の決断は相当なものだったのです。

ただ、今思えばこれもその後に起こるこの病気のために決断しなければいけない様々なこと、プライドとか恥ずかしさとかをすべて無くさないと生きていけない次々と思い知らされる辛い現実と比べると、人間として男としての自信なんて可愛いもので免許証の返納もほんの些細な出来事の一つでしたけどね(笑)。

92回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示