神奈川新聞の取材を受けました。


メンバーの森元です。

神奈川新聞の7月31日朝刊・社会面に中島理事長の記事が掲載されました。


神奈川新聞 webサイト カナコロ

https://www.kanaloco.jp/article/entry-436551.html


経緯ですが、

7月下旬、京都のALS女性の嘱託殺人の事件がありました。

京都に住むALSの女性が、面識のない医師に依頼して薬物投与されて亡くなった事件です。

医師の口座には女性から130万円が振り込まれていたそうですね。


やまゆり園の事件から4年たち、その京都の事件があり、 死ぬこと・生きること、・生き抜くこと等について、中島さんの意見を聞きたいなぁと思いました。

そう思っていた矢先、中島理事長のブログ記事「当たり前のことが当たり前でなくなる時」がアップされ、

一読して、「神奈川新聞に投書しよう!」と思い、行動したのでした。

…というのも、中島さんの文章には、ALS当事者にしか分からない思いが書かれており、

「これを多くの人に読んでもらいたい」と思いましたが、

悲しいかな、沢山の方に読んでいただけるほど、当HPのアクセス数は多くないからです。


神奈川新聞からすぐにご連絡があり、トントン拍子で話がまとまり、

7月28日に取材を受けることになりました。


7月31日の朝刊にその取材記事が載りましたから、早かったですね。


カナコロ では有料記事となっていますので、記事の全文引用は控えますが

中島さんは、

「みんなの支えに、自分に生きてほしいという思いに、応えたい」

「体が動かなくなっても、『私は私』。今後はTUMUGの活動を頑張りたい」とおっしゃられており、

一緒に活動できるのが、とても誇らしいです。


カナコロ は 1日のみ100円で有料記事が読み放題です。

是非、100円払って中島理事長の記事をお読みください! とても良い記事です。


暑い日が続きますが、皆さま、ぼちぼち乗り切りましょう。


57回の閲覧
 特定非営利活動法人 TUMUG

  設立年月日 2019年12月23日

  理事長   中島 清雄

​         法人所在地 神奈川県川崎市麻生区白鳥4丁目

  事業内容  福祉機器開発支援事業

        福祉機器開発普及啓発事業

        介護事業者等研修事業

​​        障害者活動支援事業(定款変更申請中)

  メンバー数 13名(2020年1月現在)

   <内訳>

    当事者:4名  

    家族 :4名

    支援職:5名(社会福祉士、作業療法士、介護支援専門員等)