往復書簡 その3 (森元より)

更新日:2021年12月24日

中島さん


1泊の入院、お疲れ様でした。

自主退院されたとのこと。「あら、またですか?」というのが、一番の感想です。

私も6月に3週間ほど入院しましたが、主婦の身としては上げ膳据え膳で快適でしたよ。

看護師さんも優しいし。

私が仕事を始めた30年前と大違いです。


さて、先日抗がん剤の治療計画の半分が終わりました。

CT検査では癌の縮小が認められ、抗がん剤の効果はありました。

今後の治療を先生と相談することになっていたので、これまでの治療を振り返っていました。

現在の癌の治療は、3週間に1回の通院化学療法。抗がん剤の点滴を受けるのですが、

これは寝ているだけなので、全く苦痛はありません。心配していた吐き気等もありません。

(今は良いお薬があるんですね)

抗がん剤の点滴後、2日経過すると徐々に倦怠感が出現して3日程度寝たきりになります。

イメージとしては、インフルエンザの熱が無い感じです。

体中が痛くて横になっていないといられない。あの状態が3日程度続き、

その後は急速に回復していきます。

大体、治療~体力全快まで10日間程度でしょうか。

仕事再開まで2週間程度休む・・・という感じで過ごしています。


「治療で動けない時は家でじっと休んで、動けるようになったらぼちぼち家事をして、

体調が良い時に仕事をする。今はそういうスケジュールで過ごしていて、

これなら1年でも2年でも治療は続けられると思います。

でもね、これはもう老後の生活ですよ。」と先生に話すと、先生は笑っていました。


仕事と両立できる治療方法を、今先生と検討しています。


中島さんは、ALSが判明してからも長く仕事をされていましたよね。

周囲に病気をカミングアウトしなかったと記憶しています。


今私は職場に病気を伝えていて、それで勤務も配慮いただいているのですが、

何より嘘をつかなくて良い・無理をしないで済む…というのが大きなメリットです


中島さんには、出会った当初「仕事仲間に病気を伝えては?」と職業上提案しましたが、

結局仕事仲間に病気を伝えることはされなかったと思います。

そのあたりの心境を、今度お伺いできればと思います。


追記:

武藤さんの本、読みました。病気という制約があっても(あるからこそ)出来るチャレンジを模索し続けられて、スゴイなぁと思いました。体は不自由でも精神は自由だから、それを今以上に制約なく発揮できるツールを武藤さんなら開発されるのではないでしょうか。





閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示