あらゆることが特別だった2020年が終わります❕


 全てのスポーツ大会やコンサートの開催が中止になっただけでなく、四年に一度のオリンピック・パラリンピックの開催までが延期になった2020年。そのために色々なことを犠牲にしてみんな日々頑張っていたのに・・・なかでも、小さい頃から甲子園出場を夢見て練習を重ねてきた高校三年生の球児が、夏の甲子園大会の開催中止が決まった時に涙を流している姿をTVでみた時はこちらも目頭が熱くなってしまいました。街を歩く人達のほぼ全員がマスクをつけ、テレビの出演者もマスクをつけたままというのは今まで見たことがなかった不思議なことです。前にお話しましたように、私のところには週に40人以上の方々が訪問サービスで来てくださっていますが、皆さんは玄関を入る前に手を消毒し家に入るとそのまま洗面所に直行して手洗いとうがい(中には顔も洗っている方もいるようです)をしてから私のベッドにマスク姿で来られます。ですから私がいつも見ているのは皆さんのマスクをつけた目の表情だけで、マスクを外したらどんな顔なのか未だに知らなくて・・・だからと言って今更「ごめんなさい、マスクを取って顔を見せて」とも言えないし・・・(笑)

2020年は、友達みんなで食事をするのも故郷に帰省するのも躊躇しなくてはならない、今まで当たり前にしていたことが当たり前にできなくなった特別な年でした。これまで考えたこともなかった新たな生活のスタイルや仕事のスタイル、そんな稀有な状況においても自分にとって一番大切なものを見つけて守っていかなければならない本当に大変な年だったと思います。


NPO法人TUMUGも設立して一年が経ちました。コロナ禍の中ではありましたが、メンバーの皆さんは今できることを頑張ってやって下さいました。一歩ずつではありますが足跡を残していきたいと思っています。

今年は本当にお世話になりありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。



102回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示