Blog




秋も深まってきました。例年であればスポーツ・芸術の秋ですね・・・と言うところですが、今年はまだまだそこまで言えないことが悲しいです。今日は音楽のプロデュースで頑張っていた頃のことをフッと思い出したので、それを書かせていただきます。

私は翻訳・通訳とイベント企画の仕事をしていましたが、イベント企画の一環として宝塚OGやクラシック歌手など何人かのアーティストのプロデュースもしていました。その中の一人、東京藝大の留学生で声楽家の中国人を日本でメジャーデビューさせるということもしました。その彼女はテレサテンさんの親戚ということもあり、自分もクラシックの声楽家ではなく何でも歌える歌手として日本で活動することが希望でした。

2年程かかりましたが何とか大手レコード会社からメジャーデビューをさせることができ、NHKの歌謡コンサートなどにも何度か出演させてもらえたり全国各地でコンサートやディナーショーをさせてもらえるまでになることができました。そんな中国人の彼女と一緒に仕事をしているなかで彼女から聞いた様々な中国と日本の文化や慣習の違い、言葉の面白い違い、中国人から不思議に思う日本の事などがありましたので幾つか紹介させていただきます。第1回は言葉編です。

彼女が来日したばかりの頃、ある会場でテレサテンさんの「愛人」という曲を歌わされたことがあったそうです。歌い終わって何か話さなければと思った彼女は会場の皆さんに「今日ここにいる人で愛人と一緒の方はどのくらいいますか?」と聞いてしまったそうです!すると会場が急にざわざわして不思議だったのですが、あとできいて大変なことを言ってしまったと反省したそうです。中国では自分の奥様やご主人を他の人に紹介するときは、「私の愛人です!」と紹介するのが普通ですが、それを日本で使ったら大変なことになるとわかったそうです!

中国では他にも自分の奥様を紹介する言い方としては「老婆(らおぼ)」とか「太太(たいたい)」という言葉をよく使うようですが、聞いている分にはいいとしても漢字で書きますと奥様のご機嫌は絶対に悪くなるかもですね。

中国の人が来日して何となく不気味に思うのが温泉だそうです。温泉の入り口には必ず「男湯」「女湯」という文字が書いてありますが、中華料理のお店に行かれたらわかるようにこの「湯」と言う字は中国では「スープ」の意味です。ですから中国の人は最初は「湯」と書いてあるところに入って脱衣所で服を脱いで中に入ったら・・・スープのダシをとられるのだろうか・・・・・・、しかも「男性用スープ」と「女性用スープ」とは・・・・・・。

あと日本人がよく使う言葉に「手紙」がありますが、実は、中国で「手紙」は「トイレットペーパー」の意味なんです。ですから、中国に戻ったら「また手紙をくださいね。」はちょっとまずいかもです。本当の手紙は中国語では「信」と言います。

そして中国の人、中国の人だけでなく、これは来日する外国人いや日本人でも悩む言葉かもしれませんが、その言葉について少しお話します。

それは日本独特の丁寧語です。

彼女が言うには中国にも丁寧語はありますが、中国の丁寧語には一定の法則があり覚えるのにそんなに苦労はしないそうです。彼女が日本に来て最初に苦労したのは「お」を付ける言葉と付けない丁寧語の言葉だったそうです。

丁寧語(敬語)には「お」を付けなさいとまず教えられましたが「お二階へどうぞ」はいいのに「お三階へどうぞ」はいけない、と言われました。そこで「お」を付ける場合と付けない場合を教えて貰いました。「お野菜」「おねぎ」「おいも」「おなす」とは言いますが、「おほうれん草」「おかぼちゃ」「おもやし」とはいわない。これはきっと短い言葉に「お」を付け、長いものには付けないのかと思うと、必ずしもそうでなく、色々考えてみましたが、ますますわからなくなってしまったそうです。

同じように、調味料でも「お醤油」「お味噌」「お酢」「お塩」「お砂糖」とは言いますが「お胡椒」「お唐辛子」とは言わない。何故「おそば」と言うのに「おラーメン」はいけないのだろうか?と・・・。結局は丸暗記で一つ一つ記憶するしかないと思ったそうです。

また「結構です」と言う言葉は「サンキュー」なのか「ノーサンキュー」なのかも非常にわかりにくく、最初「結構です」は「ノーサンキュウ」の意味で教えてもらったそうです。それがある時、お世話になった方にお礼のお土産を持って行くと「結構なものを有難うございました!」と言われてしまい、いくらなんでも「いらないものをありがとう!」と言うだろうかと、ますます日本語が分からなくなってしまったようです。

日本人でもよく分からない日本語を上手に使っている外国人は、本当にすごいと尊敬します。

では次回は日本と中国の文化・習慣の違いのお話をさせて頂きます。

 朝晩の風がひんやりとしてきて賑やかに鳴いていた蝉に代わってコオロギの声が聞こえてくると、何となく寂しい気持ちになってしまいますね。皆さんは如何お過ごしでしょうか?

もっとたくさんブログを書こうとは思っているのですが、一歩も外に出ることもなくベッドに寝たきりの変化の少ない毎日では、特に皆さんにお話しするようなこともなくて前回のブログから二ヶ月が経ってしまいました。その間に総理も内閣も変わってしまいましたが、今度は「国民のために働く内閣」だそうです。ということは今までの内閣は誰のために働いてくれていたのか、そこについては誰も訊いてくれないのでわかりませんが、菅総理は庶民の気持ちも分かってくれそうとのことなので期待したいですね。

先ほど、寝たきりの変化の少ない毎日 ・・・と言いましたが、そんな毎日でも私のところにはヘルパーさんや訪問看護師さん等、週に40人ほど介護関係の皆さんが来てくれますので退屈はしません。今回は看護師さんの面白かったお話を二つほどご紹介しようと思います。

先日笑わせてくれたのは訪看さんではなく訪問入浴の時に入浴のスタッフとして来てくれる看護師さんでした。看護師さんは到着すると最初に体温、サチレーションで酸素飽和度と脈拍、血圧を測ってくれるのですが、その際に普通は測定するごとに体温は何度、酸素は98%・・・と教えてくれます。でもその時の看護師さんは初めての人で、測定しても「はい、大丈夫です。」というだけで数値を言ってくれませんでした。私にしてみると「体温が何度だから大丈夫」なら納得しますが、ただ大丈夫と言われても・・・そこで最後の血圧測定が終わるのを待って「幾つかおしえてくれませんか!」と尋ねました。すると看護師さんは「えっ!」と驚いた顔をしながらも教えてくれました・・・「23歳です!」・・・私も驚きましたが、一緒に来ていた訪問入浴の他のスタッフさんが驚いて「中島さんが訊いたのは測定した数値で、歳なんかきいてないし」とつっこみ、看護師さんが「私、恥ずかしい!」と顔を真っ赤にしたところでみんなで大笑いしました。

もう一つ、こちらはいつも来てくれているすごく物静かというかおとなしい訪問看護師さんのお話です。つい先日、普段ほとんど余計な話をしないその看護師さんが突然、それも聞きとれないくらいの小さな声で「中島さん、実は私事で申し訳ないのですが・・・」と話し始めたんです。私はその雰囲気から、もしかしたら不幸でもあってお休みを取りたいというお願いかと思っていところ「中島さん、実は私事で申し訳ないのですが・・・私・・・妊娠したんです、まだ大丈夫ですがいずれ産休をいただかなくてはならないのでよろしくお願いします。」と。不幸どころか思いっきりおめでたい話に私の方がビックリしてしまい思わず「えっ、それはおめでとうございます、で、何人目ですか?」「実はやっとできた初めての子供なんです」と。私もなんで何人目?などと失礼な聞き方をしてしまったのか反省しました。でも私に関わってくれている人におめでたいことがあるのは本当に嬉しいことですし、いつも明るい笑顔で元気をくれる皆さんには心から感謝しています。

では今日の本題です。

【お知らせ】

新型コロナはまだまだ収束はしていませんが、旅行やイベントも少しずつコロナ前の状態に戻りつつあるようです。

TUMUGも今年の2月以降は非常事態宣言でなかなか思うように活動ができませんでしたが、これから徐々に色々なことを進めていきたいと思っています。

先ずは動画の制作です。介護や福祉、イベント企画などのHow Toもの、皆さんのお役に立てるような内容の動画制作を目標として考えていますが、それと並行してちょっと変わった動画もと思っています。

第一弾の動画は、私のこれまでの人生の「引っ越しストーリー」を字幕、ナレーション付きで制作してみました。撮影も編集もナレーションも全てTUMUGのメンバーが頑張ってくれましたので、是非、観ていただけましたら幸いです。

*No.1~No.3までありますので、以下のリンクからご覧ください。

No.1

https://youtu.be/Kmy7VISGw4o

No.2

https://youtu.be/lomCFVP1zKE

No.3

https://youtu.be/3f2WHeiAoVU





メンバーの森元です。

神奈川新聞の7月31日朝刊・社会面に中島理事長の記事が掲載されました。


神奈川新聞 webサイト カナコロ

https://www.kanaloco.jp/article/entry-436551.html


経緯ですが、

7月下旬、京都のALS女性の嘱託殺人の事件がありました。

京都に住むALSの女性が、面識のない医師に依頼して薬物投与されて亡くなった事件です。

医師の口座には女性から130万円が振り込まれていたそうですね。


やまゆり園の事件から4年たち、その京都の事件があり、 死ぬこと・生きること、・生き抜くこと等について、中島さんの意見を聞きたいなぁと思いました。

そう思っていた矢先、中島理事長のブログ記事「当たり前のことが当たり前でなくなる時」がアップされ、

一読して、「神奈川新聞に投書しよう!」と思い、行動したのでした。

…というのも、中島さんの文章には、ALS当事者にしか分からない思いが書かれており、

「これを多くの人に読んでもらいたい」と思いましたが、

悲しいかな、沢山の方に読んでいただけるほど、当HPのアクセス数は多くないからです。


神奈川新聞からすぐにご連絡があり、トントン拍子で話がまとまり、

7月28日に取材を受けることになりました。


7月31日の朝刊にその取材記事が載りましたから、早かったですね。


カナコロ では有料記事となっていますので、記事の全文引用は控えますが

中島さんは、

「みんなの支えに、自分に生きてほしいという思いに、応えたい」

「体が動かなくなっても、『私は私』。今後はTUMUGの活動を頑張りたい」とおっしゃられており、

一緒に活動できるのが、とても誇らしいです。


カナコロ は 1日のみ100円で有料記事が読み放題です。

是非、100円払って中島理事長の記事をお読みください! とても良い記事です。


暑い日が続きますが、皆さま、ぼちぼち乗り切りましょう。